インナードライってよく聞くけど、どんな状態の肌なの?の情報ページ

MENU

インナードライってよく聞くけど、どんな状態の肌なの?

インナードライ

インナードライという言葉をよく聞くことが多いかもしれません。

 

名前からしてインナーの部分って服でいうと内側の部分ですよね。

 

内側に使用されているので冬場などではヒートテックなどの素材が使われていたりします。

 

ヒートテックは結構好きでよくきています。

 

表側の素材と違う場合には内側の素材が何が使われているかは、目で見る場合にはわからない場合がほとんどではないでしょうか。

 

着用してみて肌触りなど質感で分かったりすることがあるかもしれません。

 

肌でも同じように内側の部分がドライなので乾燥している状態の肌をいう様です。

 

服と同じで内側が乾燥している状態というのは目で見る限り分かりませんし、服と違う点で内側の部分を着用して把握することが出来ないため、皮膚の奥の部分の水分量などを図るための正確な機械などが必要になってくるかもしれません。

 

インナードライの状態なので、表面上肌が潤って見えたり、皮脂量が多くテカリな状態が気になる場合などそれぞれあるようです。

 

インナードライってよく聞くけど、どんな状態の肌なの? 関連記事

▲インナードライってよく聞くけど、どんな状態の肌なの? 上へ戻る



インナードライってよく聞くけど、どんな状態の肌なの? ページの先頭に戻る