ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログ

MENU

炭とかのシャンプーって色がユニーク?

炭

炭とか配合されたシャンプーって黒かったり灰色だったりするけれど、最近では水色とか、緑とか色々ユニークなシャンプーが増えてきているよね。

 

原液が色づけされているとそのまま床にこぼした時など大変です。

 

原液が黒いのでそのままこぼしたら床とか黒くなるのかな?と思いがちです。

 

実際にこぼしてみると黒くなっていましたが、シャンプーと同じで一回水にぬらして、ぬめりを落とすだけで綺麗になります。

 

頑固に黒くなっている場合には、床を洗う感覚で洗うと良いでしょう。

 

原液がこぼれると結構大変?

炭

原液がこぼれた場合には、お風呂場などではそのまま洗い流すことが出来ますが、水回りに遠いところにシャンプーを置いてある場合に原液がこぼれたままになると気が付かない場合もあるかもしれません。

 

そうすると結構色を落とすのが大変になります。

 

また白濁したような原液をしている場合には床にこぼしても色合いからよくわからない場合もあります。

 

ですが、床とタイルが黒っぽいのを使用しているというのは稀かもしれません。

 

しかし黒っぽい床とかタイルを使用している場合には、逆に目立つの炭シャンプーとかの方が目立たないという事にもつながるでしょう。

 

炭など成分が多いと個体に近づいてくる?

炭

市販系のシャンプーは白にまだらな混ざっていない様な感じの原液だけど、結構クレイ系とかは固まる事もあるし、シャンプーでも緑色をしている場合は海藻とか入っている事も多い。

 

無着色だからかもしれないけど、最初はちょっと戸惑ったりするのかな?

 

慣れると気にしなくなるし、面白い色のシャンプーを購入しようとするけど、最近では色は特にこだわっていないかな?

 

ただ色でビックリする事も多いけど石鹸の方が見て楽しめるのも多いので、同じ様にグラディーションみたいなのとか出てきそうだけど、結局体や髪を洗うのだから機能性も失わない感じがいいのかも。

 

黒いけど、炭とかは機能性もあるので夏場は良く使用しています。


ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログ

ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログ

ヤボったい重みのあるシャンプーは、大容量で重量感がありますが、髪が広がりやすかったりする場合には重量感あるタイプのシャンプーがヘアケア向きには良いかもしれません。しかし育毛を考えている場合には、薄毛や抜け毛が多い場合には髪が成長しきれないので、髪が細く細毛の様な状態になりやすいので、髪がペッタンコになりやすいです。ですので、ヤボッたい重みのあるシャンプーよりも育毛を考えている場合には、キレが良いシャンプーの方が髪の成長や頭皮への刺激が強くない場合もあります。育毛剤も頭皮ケアに使えますが、その分刺激があるので、なるべく育毛を考えるとシャンプーを使用する時は刺激が少ない方が一日全体を考えると頭皮には良いかもしれません。薄毛や抜け毛が多い場合には、結構頭皮に関しては刺激フルになりやすいので、頭皮ケアの重量感ある刺激に頭皮が負けてくると頭皮も荒れやすいので注意しましょう。

炭とかのシャンプーって色がユニーク?ページ


ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログ リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |