ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログ

MENU

インナードライってよく聞くけど、どんな状態の肌なの?

インナードライ

インナードライという言葉をよく聞くことが多いかもしれません。

 

名前からしてインナーの部分って服でいうと内側の部分ですよね。

 

内側に使用されているので冬場などではヒートテックなどの素材が使われていたりします。

 

表側の素材と違う場合には内側の素材が何が使われているかは、目で見る場合にはわからない場合がほとんどではないでしょうか。

 

着用してみて肌触りなど質感で分かったりすることがあるかもしれません。

 

肌でも同じように内側の部分がドライなので乾燥している状態の肌をいう様です。

 

服と同じで内側が乾燥している状態というのは目で見る限り分かりませんし、服と違う点で内側の部分を着用して把握することが出来ないため、皮膚の奥の部分の水分量などを図るための正確な機械などが必要になってくるかもしれません。

 

インナードライの状態なので、表面上肌が潤って見えたり、皮脂量が多くテカリな状態が気になる場合などそれぞれあるようです。

 

 

脂性でコッテリ肌だけどインナードライになるの?

肌

脂性肌の状態なので、インナードライと関係がないだろうと思う事の方が多いのではないでしょうか。

 

表面が脂っぽい牛肉に例えると包丁とかで切ってロースみたいな感じなのは精肉する過程で売られている製品では中々ないので連想しにくいかもしれません。

 

肌の奥が乾燥していて肌の表面が脂性みたいになっている場合には、どの様なスキンケアをしていけばよいのかわからなくなることの方が多いかもしれません。

 

肌の奥に直接保湿する成分が含まれた化粧品を塗ることは出来ないので、脂性で悩んでいる状態の肌に直接保湿するような感じになりますよね。

 

ただ良くインナードライの状態で、脂性などの場合には、保湿するというのが大事になってくるというのがポイントらしいです。

 

水分が少ないので乾燥してしまう様です。

 

その中で色々課題みたいなのを私は実感しています。

 

 

インナードライの肌状態で実感している悩みは?

インナードライ

そもそもインナードライに関係する肌の奥まで実際に浸透しているのか?という点です。

 

脂性でコッテリしている場合にはなんだか浸透が悪そうに感じますし、乾燥肌で悩んでいる場合に中々改善できないというのもありますよね。

 

なので実際に効果があるのかどうかも不明な点を感じます。

 

また2つ目はインナードライでよく聞く水分補給というのは、食品で水分を補給するみたいに連想しがちです。

 

体水分量などを図ったことがある場合にはわかるかもしれませんが、水分というのはただの水ではなく血液量です。

 

血液量が末端まで隅々まで行き届いていない状態で水分を補充したりすることでインナードライの状態を改善できるのかは不明です。

 

色々まだわかっていないことも多いですが、なるべく化粧品だらけにならない生活で色々インナードライの状態を改善していくというのが良いかもしれません。


ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログについて

ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログ

ヤボったい重みのあるシャンプーは、大容量で重量感がありますが、髪が広がりやすかったりする場合には重量感あるタイプのシャンプーがヘアケア向きには良いかもしれません。しかし育毛を考えている場合には、薄毛や抜け毛が多い場合には髪が成長しきれないので、髪が細く細毛の様な状態になりやすいので、髪がペッタンコになりやすいです。ですので、ヤボッたい重みのあるシャンプーよりも育毛を考えている場合には、キレが良いシャンプーの方が髪の成長や頭皮への刺激が強くない場合もあります。育毛剤も頭皮ケアに使えますが、その分刺激があるので、なるべく育毛を考えるとシャンプーを使用する時は刺激が少ない方が一日全体を考えると頭皮には良いかもしれません。薄毛や抜け毛が多い場合には、結構頭皮に関しては刺激フルになりやすいので、頭皮ケアの重量感ある刺激に頭皮が負けてくると頭皮も荒れやすいので注意しましょう。

ヤボったい重みのあるシャンプー重量感ブログ リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |